スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
ナイスコリアンフード!
2年ぶりに氷点下になったという寒い寒い1日だった昨日、
女子4人で新大久保の韓国料理屋さんへいってきたのです。

先輩Yさん、Iさん、友達のMタンと私。この4人だけでお食事会は初。
この面子プラスαでちょいちょいお食事会的な事をするのですが、
昨年末、恵比寿の火鍋屋さん(遅い!店内寒い!不味い!)で
とんでもない仕打ちを受けて、早いところその負の記憶を塗り替えたい!と
先輩Yさんお薦めの韓国料理屋さん『恵美須』へ行ってきたのです。


日本では有料なお店が多いキムチ、ナムルが
食べ放題。お変わり自由!カクテキが激ウマ☆



海鮮ネギチヂミ。とっても大きいのです。





食べかけですが…トッポギにサンチュサラダ。ピリ辛サラダがまた美味しいのだ!





三段バラ〜!2人前でしたが、4人でも満足できる量。1人前¥950!安くない?

4人でお腹いっぱい飲んで食べて¥12,000!(10%OFFのクーポンも持ってましたけど)
安い!旨い!早い!!!の3拍子がそろっておりました。ぜーったいに、また行きたいお店です。
1つ1つが量が多めなので、4人くらいでいって、いろいろなお料理を頼んで楽しむのが良いです。


本当にどれだけ幸せなひとときだったか。
楽しい話と、おいしい料理で、時間が過ぎるのがあっという間でした。
次は貫徹でいきましょう!と盛り上がったのです…近々実現する予定。

また楽しみが出来たー!
スポンサーサイト
- | - | -
こんにちは♪ 焼肉食べに行かれたんですね〜・・
とても美味しそう♪ 新大久保最高!!ですね(笑)
長年、仙台に住んでいたんですが5年前に夫の転勤で
東京に来てから、美味しい焼肉屋さんに出会えなくて…(仙台はタン塩とか美味しいですよ)
友人に新大久保に連れて行ってもらってから、焼肉は
他の所では食べる気がしなくなりました(笑)

ところで、モリシタアスカさんの大好きな作品ですが…
100シーンの恋からダウンロードしたものです♪
仙台にいた頃から使わせていただいているので、
初期?の作品だと思われます。
説明が下手ですみません…
横向きの作品イメージは、バレイリーナのような淡いピンクの
ドレスを着ていて、腕には同じ色のリボンを巻いています。
バックのブルーは雨の降っている感じで、水彩の絵の具の筆を
縦に滑らせたような…
ちょっとだけ上を向きぎみで、瞳を閉じていて、
雨に打たれてるような感じもします。
髪型は肩あたりまでストレートでそこから下はクルクルしていて、
腰までの長さです。
女の人は太ももあたりまで、描かれていると思われますが
ふんわり花柄スカートが全体の下1/3を占めています。
上2/3は上半身とバックのブルーが占めています。

今、100シーンの恋は、すっかり変わってしまって…
エッチな小説ばかりのサイトになってしまいました。
リニュしてから、モリシタアスカさんの作品が検索されなく
なってしまったんです(涙)

長くなってしまったので、もう1つの作品の説明は次回致しますね。
私にとってモリシタアスカさんの作品との出会いは、本当に
運命的ともいえる程、衝撃を受けた素晴らしいものです。
一生、待ち受けで使って行きたいと思っています。
なので、下世話な話ですが、過金とか、お金をお支払い
しても、是非新しい携帯の待ち受けにしたいです♪

お仕事も、かなりお忙しそうで大変だと思いますが、
多分、モリシタアスカさんのファンは私だけじゃないと思います。全国にいますよ♪
私は、たまたまご自身のサイトを発見してラッキー
でしたが、知らないファンの方は、いっぱいいると
思うんです。それくらい素晴らしい作品ばかりです。
もっともっと、世の中へ存在をアピールしていただければ、嬉しいです♪
携帯サイトやこのサイトでのご活躍、陰ながら応援
しています♪
創作活動は、波があると思いますので、やる気が出た時、
新作を楽しみにしています♪
くれぐれも過労には気をつけてくださいね。

またおジャマいたします♪
よろしくお願いいたします(*^o^*)/

華子 | 2010/01/17 13:52
華子さま

ようこそいらっしゃいました。

焼き肉とういか、韓国料理?激ウマでした。お薦めなので、ぜひ行ってみてください。
ご飯ものをたべなかったので、今度はビビンバとかトライしたいです。


100シーンの恋、どの作品かわかりました〜。
あれでしたか…いやはや、あの作品を愛してくださったとのことで、
なんだか恥ずかしいやら嬉しいやら。
若さを感じました。若さと未熟さ。でもあのときにしか描けない感じ。
本当にありがとうございます。好きと言ってくださって。

100シーンの恋、エッチ系の小説ばっかりなのですね。
いわゆるティーンズラブとかいうんですよね。そういうの。
最近、少女漫画もエロエロ化してますからね。
大丈夫?日本って。と思っちゃうんですけど、
いくらウケるからってそんなんばっかりでいいのかなぁなんて
思ったり思わなかったり。

私は「りぼん」っこだったので、「ハンサムな彼女」とか
「天使なんかじゃない」とか「お父さんは心配性」とか、
そんなんで育ってきましたが、露骨なエロスはそんなになかったんですけどね。
いまはもう、モロですもんね。
あ、でも「りぼん」は今ではそうでもないんでしょうか。

今、サイトがちょっぴり面倒な事になっておりますが、
また遊びにきてくださいね。
モリシタアスカ | 2010/01/23 22:35
COMMENT









 
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>


presented by 地球の名言